2020年02月25日

図形の[星:5pt]で描く手(パー)

図形の星を使った手(パー)の描き方
図形の星を使った手の描き方
星:5ptの5つのギザギザを利用して手を描く方法です。
チョキ・ピースの描き方はこちらです。
作成環境:Windows 10/Microsoft Office Word 2019
描きやすいように設定をします
挿入した図形がスムーズに動くように、思ったところをクリックできるようにグリッドの設定をオススメします。
記事:ワードで快適に図形を描くための設定
図形の星で手を描く方法
図形の星で手を描く方法
星:5ptには、人間の指と同じ5つのギザギザがありますから、上図のイメージで頂点を移動します。
図形の星で手を描く方法
wordの[頂点の編集]には[頂点を中心にスムージングする][頂点で線分を伸ばす][頂点を基準にする]の三通りがあります。頂点をどの設定にするかでハンドル操作が異なります。
今回手を描く際、指先は[頂点を中心にスムージングする]、指の股は[頂点を基準にする]にしたのですが、どこかの頂点をいじると、どこかが動いて何度も同じ頂点の編集が必要になります。
そこで、すべての頂点を[頂点を基準にする]にして描いてみました。私はこちらの方が描きやすかったです。描きやすい方法を見つけてください。
図形の星で手を描く方法
上図が完成ですが、線に関して気になるポイントがあります。線の折り返しが妙に尖がっているので、それを解消します。
線の結合点を丸く設定
図形の星で手を描く方法
上の図の[線の結合点]を[丸]にすると解決されます。ついでに[線の先端]も[丸]にしました。これをするのとしないのとでどれくらいの差があると思いますか? 以下に並べてみました。
図形の星で手を描く方法
いかがでしょう。やっぱり丸い方が綺麗ですよね。(*^-^*)
人気記事
    posted by ぶー3 at 17:56 | Comment(0) | 頂点の編集 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    ページトップへ戻る