2019年12月27日

Windows10でIllustrator8が使えた!

Windows10でIllustrator8が使えたことの報告
Windows10でもIllustrator8は使えた
Wordのことじゃないのですが、Windows10でIllustrator8が使えることに喜びを感じてしまい、報告したくなりました。(#^^#)
2020年1月14日にWindows7のサポート期間が終了するため、新たにパソコンを購入しました。購入する前に気になることは、「Windows7で使用できていたソフトが使えるかどうか」これが一番気になるという人は多いのではないでしょうか。
パソコンも買い替えて、さらにソフトもとなると大きな出費になります。なので、使えるものなら使い続けたいというのが本音です。
Illustrator8は長く使用し続けたソフトの一つです。vistaからにWindows7にアップグレードするときにも使えるか使えないかがとても気になりました。結果的には以下に紹介するような方法で使えました。
Windows7の時に感じた不具合
Illustrator8は、仕事でトレースやレイアウト、作図やイラスト、タイトル画像などを作るのに使用しています。先にWindows7の時に感じた不具合について先に書きます。
たまに上書き保存ができなくなりました。そんな時は、別名で保存して対応していました。
また、透過のPNGファイルが透過されないなどの症状もあります。
しかし、最新のIllustratorを購入しなければならないと思うほどの不具合を感じたことはないため、自己責任で今まで使用し続けてきました。Windows7の時のインストール(使えるようにする)方法と同様の手段でWindows10でも差し支えなく使用できています。もちろん、自己責任での使用です。
Windows10( 64 ビット)にIllustrator8をインストール(使えるようにする)する方法
Windows7パソコンにインストールしていた、Illustrator8のフォルダごとコピーし、ネットワークを介してでも、外付けハードディスクを利用するなどして、Windows10パソコンの任意の場所にペーストします。
Windows7のC:\Windows内にある以下のファイルを探し、コピーしてWindows10の同じ場所にペーストします。
C:\Windows\System32へペーストします。
・PCDLIB32.DLL(2つありました)
C:\Windowsへペーストします。
・PCDLIB32.DLL(2つありました)
・kpcp32.dll
・pfpick.dll
・sprof32.dll
・KPSYS32.DLL
・icccodes.dll
コピーペーストしたIllustrator8のフォルダ内のIllustrator.exeを右クリックして[プロパティ]→[互換性タブ]→[互換モード]→[WindowsXP(Service Pack3)]を選択してOKをします。Windowsを再起動すれば使用すことができます。
私は、Windows7の時に、外付けハードディスクにIllustrator8に関する必要なデータを分かりやすいように保存しておきました。
この方法は、インターネットで「Windows7 Illustrator8 インストール」などのkwで検索することができます。Windows10でも同様の方法で使用することが可能です。
その情報によって今もIllustrator8を使い続けられ感謝している一人です。使用して新たな不具合に気が付いたら更新したいと思います。
人気記事
    posted by ぶー3 at 16:16 | Comment(0) | Word以外のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    ページトップへ戻る