2019年09月03日

ワードとフリーソフトでテクスチャ作り [金魚]

[金魚]のテクスチャ作り
  [金魚]のテクスチャ作り
金魚のテクスチャを作ってみました。
金魚の描き方も説明していますので、テクスチャ以外にも使うことが出来ます。
参考記事:ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点
作成環境:Windows 7/Microsoft Office Word 2007
描きやすいように設定をします
挿入した図形がスムーズに動くように、思ったところをクリックできるようにグリッドの設定をオススメします。
記事:ワードで快適に図形を描くための設定
テクスチャパーツ[金魚]の描き方
[金魚]の描き方
金魚のパーツは上図の通りです。
[上アーチ(太)]の形を使っているのは緑の★印
[下凹レンズ]の形を使っているのは紫の★印
テクスチャにするための金魚の並べ方
[金魚]の並べ方
左側の青枠の中身と右側の青枠の中身は同じでなくてはなりません。
上側の青枠の中身と下側の青枠の中身は同じでなくてはなりません。
(上下の枠内の小さな水泡の●の有無がありますが、下側ではトリミング枠の外になりますので無視してください)
左側を並べたら、[Ctrl+Shift+Alt]を押しながら右方向にドラッグします。
上側を並べたら、[Ctrl+Shift+Alt]を押しながら下方向にドラッグすると楽です。
配置が完了したら、スクリーンショットをとります。
フリーソフトでトリミング
[金魚]のテクスチャの作り方
上図の黒い線の部分をトリミングします。
私は、「XnView」というフリーソフトを使っていますが、使いやすいものがあればそれで良いです。
もっていなければ、「フリーソフト トリミング」などのkwで検索すると見つかります。
トリミングの位置は、金魚の並べ方にもよりますし、仮に同じに並べても人それぞれです。参考までにワタシのトリミング位置を説明すると
左右の位置
左の黒いライン上、上の金魚のヒレを含めない位置から右の黒いライン上、上の金魚のヒレを含める位置
上下の位置
上の黒いライン上、左の金魚のヒレを含めない位置から下の黒いライン上、左の金魚のヒレを含める位置
トリミング後の画像です。
(分かりやすいように線を付けてあります)
[金魚]のテクスチャ作り
以下をクリックするとテクスチャと同じに見ることが出来ます。
(クリックして表示・もう一度クリックすると閉じます)

サンプル
ワードのテクスチャでこんな風に表示されます

人気記事
    posted by ぶー3 at 15:40 | Comment(0) | かわいい柄のテクスチャ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    ページトップへ戻る