2019年07月31日

ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点

[テクスチャ]を作るときに注意した方が良いことって?
ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点
ワードでいろいろ描いたものがたまってくると、[塗りつぶし効果]の[テクスチャ]や[図]を利用したくなります。
上の図のように、ワードの図形に自分で作成したテクスチャを使えると、バリエーションが広がります。
そんな、ワードアートや図形の塗りつぶしに使用できる[テクスチャ]ですが、作成していて感じた注意点があったので、まとめてみました。
作成環境:Windows 7/Microsoft Office Word 2007
描きやすいように設定をします
挿入した図形がスムーズに動くように、思ったところをクリックできるようにグリッドの設定をオススメします。
記事:ワードで快適に図形を描くための設定
テクスチャの使い方
図形を描き、右クリック→オートシェイプの書式設定→[色と線タブ]→[塗りつぶし効果]→[テクスチャタブ]→[その他のテクスチャ]から作成した画像を選ぶと、図形の塗りが選択した画像でタイル状に塗りつぶされます。
ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点
jpgよりpngで保存
ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点
上の画像は左側がjpg、右がpngで保存した画像をテクスチャで塗りつぶした図形です。
この大きさだとそんなに気にならないかもしれませんが、拡大すると結構な違いがあります。
ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点
拡大すると、粗い感じが分かると思います。
大きく作って、縮小させる
ワードの最大ズームは500%です。
簡単な図柄なら良いのですが、複雑なモノになると500%以上にズームしたいこともあります。
なので、元の図柄を大きく作りスクリーンショットをとり、フリーソフトなどでリサイズするのが良いです。
大きくズームしてスクリーンショット
ワードで[テクスチャ]を作るときの注意点
ワードでテクスチャを作ろうと、スクリーンショットをとると、上図のようなことがあります。
同じ太さの線を描いたのに、何故だか太さが違うように見える。こと。
テクスチャは描いた図柄をトリミングし、それをタイル状に並べて表示させるため、太さが違うとずれてしまいます。
そんな時は、少しズームすると太さが同じになります…同じに見えます。(^^ゞ
フリーソフトの利用
ワードだけ作るのは難しいので、使いやすいフリーソフトを探しましょう。
・トリミングがしやすい
・大きくズームできる
・png保存ができる
・リサイズができる
私が使っているのは、フリーソフトの「XnView」です。
もう何年も使い続けています。
ビューワーですが上記のこともできますし、その他にもグリッドの表示やモザイクなどの効果ができたりと、多機能で使いやすいフリーソフトです。
人気記事
    タグ:テクスチャ
    posted by ぶー3 at 16:03 | Comment(0) | 設定 知っておくと便利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    ページトップへ戻る