2016年05月09日

ワードで快適に図形を描くための設定

快適に図形を描くための設定
ワードで図形を描くときに以下のことで困ったことはありませんか?
  1. 思った位置に動かない
  2. 微調整できない
  3. 動きがカクカクして扱いづらい
  4. 勝手に描画キャンバスが作成されてしまう
  5. 写真や図など挿入する度にレイアウトが崩れてしまう
そんな困ったを解決するために以下の設定を行います。
個人差はあると思いますが、ワタシは以下の3つを設定すると描きやすいです。
  1. グリッドの設定をする
  2. 画像を前面に貼り付けられるようにする
  3. 描画キャンバスを自動的に表示しないようにする
作成環境:Windows 7/Microsoft Office Word 2007
1.グリッドの設定をする
【ページレイアウト】タブ→【配置】→【グリッドの設定】
グリッドの設定
文字グリッド線の間隔を【0.01字】
行グリッド線の間隔を【0.01字】
に設定します。
グリッド線
[グリッド線が非表示のときに描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]のチェックについて
長いことこのチェックを消した方がスムーズに動くと、このページでもそのように説明していたのですが…どうも勘違いしていたようです。(^◇^;)
0.01字と細かい設定で、グリッド線を表示するにチェックを入れても、間隔の本数が1くらいでは、画面表示を500%にしてもグリッド線は見えません。そんなことで今までこのチェックに関してはあまり意識していなかったようです。
このチェックは付けていた方が拡大縮小などが思い通りに動きます。
違うと感じるのは、図形の円を小さく描きたいときにチェックが入ってない状態では2.52mm
チェックが入っていると0.28mmととても小さい円を描くことが出来ます。(画面表示500%で描きます)
グリッドの設定をする理由
図形を貼り付けて移動するときに、スムーズに動かすために設定します。
もちろん、Altキーを押した状態でドラッグするとスムーズに動きますが、矢印キーで移動するときなども細かく移動できる便利さがあるので設定しています。
移動が細かすぎて効率が悪いと感じる時は、都度設定を変えています。
2.画像を前面に貼り付けられるようにする
【officeボタン】→【wordのオプション】をクリックします。
wordのオプション
【詳細設定】→【図を挿入/貼り付ける形式】を【前面】にします。
wordのオプション
前面に貼り付けるように設定する理由
いろいろなシーンで画像を挿入する時に、行の中に挿入されたりするとレイアウトが崩れたりして作業効率が悪いため、前面に設定しています。
3.描画キャンバスを自動的に表示しないようにする
【officeボタン】→【wordのオプション】をクリックします。
【詳細設定】→【オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する】のチェックを外します。
描画キャンバス
描画キャンバスを作成しない理由
好みの問題かも知れません。
個人的に無い方が作成しやすいと感じるので作成していません。(^^ゞ
場合によっては使うシーンはあります。
例:
挿入した写真などの図と、ワードで作成した図形、テキストボックスを一緒に選択することが出来ません。
そんな時には、描画キャンバスを作成して一緒にまとめておきたい時などに使用しています。
人気記事
    posted by ぶー3 at 13:12 | Comment(0) | 設定 お絵かき前の設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    ページトップへ戻る